女性に人気はプチ整形施術|二重整形の特徴を詳しく紹介

婦人

二重整形を行う際の痛み

看護師

二重整形の施術時の痛みはあるのか

美容整形の中でも特に人気があると言われている二重整形ですが、一重の方、奥二重の方にとってはぱっちりとした二重はあこがれでもありますし、自分のコンプレックスとなってしまっている目を変えたいということで行う方が多いです。アイプチやメザイクを毎日している方にとってはこの方法によって自分の理想的な目にすることが出来ますのでお勧めです。ちなみに施術方法は大きく分けて2つあります。まずは埋没法といって細い医療用の糸で瞼を数か所留めてラインを作る方法です。手術前に点眼麻酔、そして瞼の表裏に麻酔を打ちます。その麻酔を打つ際には針ですので痛みは生じますが、手術中は痛みは無く行うことが出来ます。ダウンタイム時には腫れてしまったり痛みを伴うこともありますが、痛みどめを服用することで対応していきます。ダウンタイムは数日間ですしメスを使うことなく施術が行われますので、その分手術後の痛みも少ない傾向が有ります。もう一つの二重整形の方法として切開法があります。この方法は瞼をメスで切開して医療用の糸で縫合していきます。切開法においても麻酔を使いますので、手術中の痛みはありません。しかし二重整形の術後はメスで切っていますので、痛みは生じてしまったり腫れたりしやすいです。こちらも痛みどめを服用して対応していきますが、ダウンタイムは埋没法と比較すると長くなる傾向が有ります。また、切開法に関しては抜糸の必要もありますので手術が終わってからも必ず1回は通院することが必要となります。痛みを気にされる方は、とにかく麻酔はどちらにしても瞼に打つことになり、その麻酔は少し痛みはあります。しかし手術中に関しては痛みはほとんど感じる事無く快適に行われます。また手術後の痛みはあっても、痛みどめを使ったり冷やす事で緩和することが出来ますので、大掛かりな美容整形と比べるとその痛みは少ない方であると言えます。口コミ体験談なども参考にしてみるとイメージも沸きやすいですし、痛みの程度もわかるでしょう。二重整形においては、埋没法の場合瞼が厚いと効果が薄くなってしまうことがあり、脂肪吸引を同時に行うとさらに効果が大きくなります。脂肪吸引も麻酔が効いている状態で行いますので痛みはほとんどありませんが、その周りの神経にも少し影響がありますので施術後は腫れたり痛みを感じることもあります。きちんと自宅でも冷やしていく事が大事なポイントです。目の印象は顔の第一印象にも大きく関わってきますし、自分の理想的な目にしてもらう事で自分に自信を持って行くこともできます。メイクが今までよりも楽しくなったり、ファッション的な所でも楽しめるようになったり、積極的な性格になることが出来たという方も多いです。コンプレックスとして目のことで何か感じている方は、専門医に相談してみると良いでしょう。美容外科クリニックでのカウンセリングは、無料で行ってくれるところが多いです。そのためいくつかのクリニックで相談をして見積もりを取ったり、施術方法で自分にあったところを選択するというのも手段の一つです。即決したりせずに、いくつかのクリニックで比べてみるのもオススメです。